家族とともに成長するお庭を造るロワガーデン

奈良でお庭、造園、外構のお世話800件の実績

*

驚愕 オランダの教育法とは?

   

 

 

オランダの国民1人あたりの労働生産性は

(時間に対して生み出しているお金のこと)

日本の1.5倍もある?!


 

なぜ、こんなに勉強を一生懸命頑張っている日本より

オランダの方が労働生産性が高いのか?

その理由はこんなことにあるのかもしれません。

4歳から任意で小学校に入学できる

日本では4歳~5歳の子供といえば

落ち着きがない・・・それが可愛いところ

と思っていました。しかも当たり前のように。

でもオランダの4歳~5歳の子供は妙に落ち着いている

のである。落ち着いていないのが悪いとは決して思わないが

どのような教育をすればそのようになるのか?

というところにすごく興味がわいてきたのである。

色々調べたところ、やはりオランダの教育方針に答えがあった。

 

時間割を自由に決める事ができる?


 

オランダには決められた時間割はなく自分の意志で、

授業を決定出来るのである。

また、低学年(4歳~)の授業では

サークルと呼ばれる、自分の思いや

疑問などを、みんなでお話しする場を設けている。

そのサークルと呼ばれる授業ではみんなで

何気ない普段の出来事や、自分が嬉しかった事

などを報告しあい、そこで生徒という垣根を越えて

家族の様に絆を深めていく。

すなわち、思いやる心が育っていくのである。

すると、相手の気持ちを考える事が

できたり、直感で感じ取ったりすることが

できてくるんですね。

回りの人を助けたり、サポートする事を

自然に身に付けていくのですね

人間の脳がほぼ完成する6歳までにこういった

教育を行っていることもさすがです。

こういった感性というものを育てるのが

いかに重要なことなのか・・もちろん

成績アップも大切だが

人間性を育てる。

これが、究極の教育法なのかもしれない。

6歳までのお子様がいらっしゃるご家族に、ぜひお知らせしたい情報がこちらです。

http://roi-garden.com/?page_id=66

 - 子供の教育

  関連記事

abd24f1b95feba9fd5f36c5080d9aad4_s
子どもの幸福度世界№1の秘密

  入学試験がなく、学費も無料!?   ユニセフが発表した報 …